妊娠する為に摂取した方が良いものと注意点

現代では不妊に悩む方が多くなってきました。
不妊の原因は今まで女性にだけ目を向けられてきましたが、今では半分程度が男性の原因で不妊になっていることが分かってきました。
妊娠するために男女とも必要なものは栄養バランスを考えることです。
食生活の乱れで不妊になっている可能性もあり、栄養バランスを考えることはとても大切です。
しかし、現在では野菜や果物の栄養価が落ちてきており、食事から栄養を十分に摂ることが難しくなってきています。
その為、活用した方が良いものがサプリメントです。
サプリメントとは栄養補助食品と言い、野菜や果物を粉末にして粒にしたものを言います。
今ではどこにでも売っていますが、安すぎるサプリメントは注意が必要です。
1日の栄養を野菜や果物で摂ろうとすると、値段で8000円以上すると言われています。
なので、安すぎるサプリメントはなかなか効果が期待できないと思った方がいいのです。
サプリメントの選び方として、栄養バランスを考えたとき、無添加のマルチビタミンがおすすめです。
このマルチビタミンで、1日の栄養素をほとんど摂取できるサプリメントもあります。
他にも妊娠するために男女ともに必要なものがタンパク質です。
タンパク質の注意点は動物性と植物性のバランスを考えることです。
比率として動物性は1、植物性は2で摂取するとバランスが良くなります。
お肉や卵などは動物性のタンパク質ですが、植物性は大豆などからしか摂取することができないのです。
なので、圧倒的に植物性のタンパク質が不足するので、植物性のプロテインを摂取することをおすすめします。

この記事も読まれています
『妊娠糖尿病』とは!赤ちゃんへの影響は?産後の体はどうなる?

プロテインはタンパク質のことを言い、植物性のものを選ぶことで、簡単に植物性のタンパク質を摂ることができます。
このプロテインとビタミンCを一緒に飲むことで、体の中でコラーゲンに変わります。
妊娠するためにコラーゲンも必要になるのでとても大切です。
他にも男性が摂取した方がいい栄養素があります。
それは亜鉛やアルギニン、コレステロールなどがあります。
女性に必要な栄養素は葉酸や亜鉛、鉄分なども必要になってきます。
その他にも人間の70%を構成している水も大切です。
水を飲むことで体の循環が良くなり、体の隅々に栄養素を運んでくれるので、水は不可欠です。
水は1日2リットルを目安に飲むことをおすすめします。
妊娠するためには様々な栄養素が必要になってきますが、一番はバランスを考えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です