妊娠中に注意したいトキソプラズマとは

猫を飼っている人が妊娠するときに注意したいこと

空前の猫ブームの昨今、テレビCMなどやメディアなどで見ない日がないぐらいの人気になっています。猫との暮らしを楽しんでいる人も多いでしょう。猫好きの方の中には、猫を飼っている時に妊娠するのは良くないと聞いたことがあるかもしれません。これは、「トキソプラズマ感染症」によるものが影響しているのです。実際に猫を飼っている人にとってみると、妊娠がわかったからと言って簡単に手放せるものではありません。感染症に注意しながら生活をする為に必要なことを考えてみましょう。

トキソプラズマ感染症とは

トキソプラズマというのは寄生虫の仲間です。すべての哺乳類や鳥類に感染すると言われているものですが、猫は感染していてもほとんど症状が出ない為、飼い主が気付かずに過ごしてしまうことが多いようです。症状としては、リンパ節の腫れや発熱などです。人間が感染しても症状が出ないことが多く、妊娠中に感染してしまうと低い確率ではありますが、重篤な障害を与えてしまったり、流産の原因になることもあるようです。基本的には、ペットとして飼われている猫から感染することは稀なことと言われていますが、感染ルートの一つに猫の便があるのは事実のようです。

この記事も読まれています
つわりの時におすすめの食べ物ランキング!これがあれば乗り切れる!

感染を避ける為には

妊娠中にトキソプラズマに感染することが胎児への影響があると言いましたが、以前に一度でも感染したことがある場合には抗体ができていますので、胎児にまで影響はないと言われています。しかし、初めて感染する場合には重篤になりやすいので注意が必要です。また、猫自体も初めて感染した場合には便の中に排出されますので、それを片付ける際は注意をしなくてはいけません。便の中に排出される期間は数日から数週間と言われています。猫のトイレを片付ける際には、ゴム手袋をつけて処理をするようにしてください。また、便の中のトキソプラズマは24時間感染力があると言われていますので、手早く片付けることが大切です。また、可愛いからと必要以上に接触するのもやめましょう。トイレの処理に関しては、妊娠している人ではない他の人が処理することで、感染のリスクを減らすことができます。妊娠したら猫とは暮らせないと勘違いしている人がいますが、実際にはこれらのことに気をつけていれば問題なく生活することができます。距離感を保ちながら、楽しい妊娠生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です