妊娠中にリスクの可能性がある事への注意

妊娠をすると、新しい命を育む為に体の中では様々な変化がおこります。体はとにかく胎児に栄養を届けようとする働きが起こる為、口からだけでなく鼻から体内に取り込んだ化学物質なども胎児に影響を与える可能性があるので注意が必要となってきます。
食べ物だけではありません。普段の行動が胎児に影響を及ぼすことがあり、その一つにあるのがストレスです。ストレスを感じると自律神経などが乱れてただでさえ妊娠中はホルモンバランスが乱れているのにも関わらずその乱れを更に悪化させる危険性がありますから注意が必要になります。
現代社会では、妊娠した跡もぎりぎりまで働く妊婦が増えており、職場環境によって非常に強いストレスを感じてしまう場合があります。もちろん、人によっては働いていることが良い刺激となることもありますが、あまりにも強いストレスを感じるようであれば、求職したり、場合によっては退職するといた処置をすることも大切です。
自信のキャリアへの心配などもありますが、上司や周りの人に相談してリスクを軽減させましょう。胎児にだけでなく、母体にも影響を及ぼす可能性もありますから、無理のし過ぎは禁物です。

お酒やたばこといった嗜好品は控えるようにしましょう。受動喫煙などの影響もありますから、出来るだけ喫煙場所には近づかないようにしましょう。
食べ物についても、魚には水銀が含まれており、これが胎児に影響を及ぼすことがありますので、摂り過ぎに注意が必要です。
そして、冷たい食べ物はお腹を冷やして全身を冷やしてしまうことから控えるようにしましょう。夏場などで少量であれば熱中症対策にもなりますが、体を冷やしてしまうことで、血流が悪くなり、人によって体の痛みや不調となって現れる場合もありますから、冷たい物を摂りたい時には少量にしておきましょう。
トマトやキュウリ、ナスといった野菜類も実は体を冷やす作用がある為、暑い夏場などは火照った体をクールダウンさせるのに良いですが、食べ過ぎてしまうと体を冷やし過ぎて負担になる場合もあるので注意が必要です。

普段から、様々なことに気を遣うことになるマタニティ生活ですが、あまりにも気にし過ぎてしまうのも、それが反ってストレスとなって体調不良となり、身心の健康に害を及ぼす可能性もありますから、何より大切なのは笑って生活をすることです。可愛い我が子への成長、楽しい子育てを想像して素敵なマタニティライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です