妊娠したらワクチンが打てないこともあるため注意

妊娠すると注意をしなくてはいけないことがたくさんあります。冬になるとインフルエンザなどが流行ってくるため、ワクチンを打たなければいけませんが妊娠中でもインフルエンザのワクチンを打つことは可能です。ただし、一般的に妊娠初期の予防接種は早産のリスクがあるため注意が必要です。中期に入ってから冬のシーズンが到来する場合にワクチンを打つことが望ましいです。胎児への影響は今のところ報告されていないので、インフルエンザになり免疫力が下がることによって、母子ともに危険になる可能性があるのでワクチンを打つ方がいいです。また、風疹、はしか、おたふくかぜなどは予防接種で防ぐことができます。妊娠を希望している人は妊娠前に打っておきます。妊娠中の人は出来るだけ人ごみは避けて、感染するのを防ぎます。そして、妊婦だけでだく旦那は必ず予防接種を受けておく必要があります。20~30代の男性に特に流行しているため確認が必要です。

妊娠中は高血圧症や虫歯などの病気になりやすいです。高血圧症は妊娠後期かかかりやすく、重度化すると早産によって胎児が死亡したり、母胎が昏睡状態になったりすることもあります。両方の命が危なくなるかもしれないので予防に努めます。妊娠初期の頃から、充分の休息をとりストレスをためないようにします。睡眠時間もたっぷり取ることも重要です。食事もバランス良くとります。動物性タンパク質や植物性脂肪など栄養もしっかり取ります。むくみや、ふらつき、めまい等の症状が出ているのであれば早めに病院へ行き検査をしてもらいます。早期発見によってリスクを回避することが可能です。虫歯にも気をつけます。つわりがひどくなり、歯磨きを怠ってしまうことがあります。胎児によりカルシウムや栄養などが供給されるため、歯の健康状態も妊娠前より落ちてくるのを意識する必要があります。妊娠中もできるだけしっかりと歯を磨き、必要であれば歯医者に通院します。アルコールやたばこはもちろん胎児によくありません。ただ、コーヒーや紅茶などのカフェインはリラックス効果もあるため、適度であれば飲んでも大丈夫です。

つわりがひどく大変な時もありますが、安定期に入れば適度な運動をして血行を良くします。便秘にもなりやすいので、消化のいい物を食べて腸の動きを活性化させます。妊婦は太りすぎてはいけないと言われています。7~12キロの増加が正常範囲内だと言われています。元の体重から太りすぎている人は増加も少なめがいいでしょう。ただ、太りすぎたからと言って妊婦の間にダイエットをする必要はありません。食生活を見直し、適度な運動をして健康的に体重を減らすことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です