妊娠期に重いものを持つ場合の注意点

妊娠すると、重い物をもってはいけないとよく言われます。しかし日常生活を送っていれば、妊娠期でも重さのある物を持たなければいけないことは多々あります。また、ふたりめ以降の妊娠の場合は、上の子を抱っこすることもあります。
どうして妊婦は重い物を持ってはいけないと言われているのでしょうか。いくらくらいの重さの物なら持っても問題ないでしょうか。また持ち上げるときはどういった点に注意するべきしょうか。

この記事も読まれています
つわりの時におすすめの食べ物ランキング!これがあれば乗り切れる!

妊婦が重いものを持ってはいけないとされる理由は、腹筋に力がかかるからです。腹筋に力が入ると子宮が収縮したり、さがったりするなどの影響があり、中の胎児に負担がかかるとされています。また、頻繁に収縮すると流産につながる可能性も指摘されています。いきなり重量のある物を持ち上げるとバランスを崩すことがあり、転倒してお腹をぶつけたりすると一大事です。
妊娠初期はお腹も大きくなっていないので、これくらい大丈夫と思い、無理をしがちです。ですが初期は特に胎児の状態も不安定です。できるだけ意識して、重い物を持ったり運んだりしないようにしましょう。また安定期に入っても、重量のある物を持つのは腰に負担がかかり、血流が圧迫されることで、胎児への血流が阻害されますのでよくないと言われています。妊婦自身も腰を傷める可能性があります。
こういった理由から、妊婦は重たい物をもってはいけないとされています。

それでは、何キロまでの物なら持っても問題がないのかというと、これは個人差が非常に大きいため、正式に定まってはいません。10キロ程度なら大丈夫と言われることもありますが、この重さでも全く平気な妊婦さんもいれば、かなり力をいれないと無理という妊婦さんもいます。目安としては、お腹に力をかけずに持ち上げることができる重さということになります。
日常の買い物程度の重さであれば、それほど気にしなくても構いません。ただし、お米などを買うときは、パートナーに頼んだり、運んでくれるところで購入したりした方がいいでしょう。また、荷物を高いところに上げたり降ろしたりする動作はお腹に負担となりますので避けましょう。
上の子が抱っこをねだってきた場合は、椅子などに座ってひざにのってもらったり、自分もしゃがみこんだりして、ぎゅっと抱きしめてあげるといいでしょう。持ち上げての抱っこはあまり頻繁にはしないようにしましょう。
とはいえ、頻繁に重いものを持つのでなければ、神経質になることはありません。ただ、お腹が貼ってきたり痛みがあったときは注意が必要です。安静にし、症状が治まらなかったり出血があれば、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です