妊娠中は気をつけて!生肉注意報

初めての妊娠で、しかも赤ちゃんが授かるのを待ちに待っていたならばなおのこと、妊娠中は十分に注意をして無事に出産を迎えたいと誰もが思うのは当然のことです。昔から妊娠中は「ふたり分食べなさい。」と言われ、いろいろな食物をたくさん食べることが良しとされていましたが、中には妊婦にとっては避けるべき食品もあります。知らなくてついうっかり食べてしまい、後で食べてはいけないものだと気づき、赤ちゃんが無事に生まれるまでは気が気ではなかったという話は案外たくさんあります。そんな出産までドキドキしなければならない妊婦生活を避けるためにも、食べてはいけない食品についてを事前に把握しておくことをおすすめします。

妊娠中に避けなければならない食物の代表格に生肉があります。生肉と言うとすぐにユッケやレバ刺しが連想されますが、若い女性が好んで食べる生ハムやローストビーフなども対象になるので注意が必要です。生肉を避けるべきというのには理由があって、よく火が通っていない肉を食べることで「トキソプラズマ」に感染してしまうリスクがあるからです。トキソプラズマ症に妊婦が感染してしまうと、胎盤を通して胎児にも感染してしまい、それがもとで流産を引き起こしてしまうケースがあります。また、たとえ出産までこぎつけたとしても、赤ちゃんが水頭症をはじめとする脳の病気を持って生まれたり、網膜脈絡膜炎などの眼の病気を引き起こすことがあります。中には妊娠前からすでにトキソプラズマに感染している女性もいますが、そういった場合は問題ありません。あくまでも妊娠中の感染が胎児へのリスクを引き起こします。トキソプラズマに感染しているかどうかは、妊娠初期に「トキソプラズマ抗体検査」と呼ばれる血液検査を行えばすぐに判明します。

だからといってあまり神経質になる必要はありません。しっかりと加熱してあれば、肉自体は妊婦にとって大切な栄養素になります。肉はバランス良く必須アミノ酸を含んでおり、赤みの肉には妊婦が積極的に摂らなければならない鉄分も十分に含まれています。妊婦に必要な1日の肉の摂取量は90グラムほどです。野菜やその他の食材と一緒に摂取することでタンパク質を十分に摂ることができるでしょう。妊娠中は積極的に食べた方が良い物や逆に避けるべきものをしっかりと理解して、元気な赤ちゃんが生まれるように食事に気を配るだけでなく、ゆったりとした生活を心がけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です