妊娠したらネコとの接触に注意

妊娠すると注意することがたくさんあって、とりわけ初めての妊婦さんには混乱することも多いでしょう。特に妊娠がわかってすぐのころには、わかる前にしてしまったことがひとつひとつ不安になってしまいます。注意が必要と言われていることの中にはネコとの接触があります。というのも、ネコはトキソプラズマ症の原因となるトキソプラズマ原虫を規制させてる可能性があるからです。

健康な大人ならば軽い風邪のような症状が現れる程度の症状で済むトキソプラズマ症ですが、妊婦が初めて感染すると、胎児が先天性トキソプラズマ症を発症することがあります。また、妊娠初期の感染で流産のリスクも上がります。赤ちゃんが先天性トキソプラズマ症になると、低出生体重、水頭症、頭蓋内石灰化、精神・運動機能障害などの症状を引き起こすリスクがあります。感染経路はトキソプラズマに感染したネコの糞が口に入ることによるのが主です。他には生ハムや馬刺しなどの生肉を食べること、トキソプラズマが生息している土に触れることによって感染します。妊娠中はできるだけネコと触れ合わないようにするのが望ましいですが、接触した際にはしっかりと手を洗うようにしましょう。

すでにネコを飼っている場合、妊娠したらどうすれば良いのでしょうか。まず、トキソプラズマに感染したことがあるかないかわからない場合は抗体検査を受けましょう。トキソプラズマは一度感染したことがあれば抗体のおかげで胎児には感染しません。もしもまだ感染したことがないなら、糞にトキソプラズマは含まれるので毛に触ることは問題ないのですが、念のため触ったあとはしっかり手洗いをして感染を予防しましょう。加えてネコのトイレ掃除はこまめにして、できるだけ家族に任せ、どうしても自分でしなければならないときはゴム手袋などをして行いましょう。終わったらしっかり手を洗ってください。そして生肉ではなくドライフードや缶詰のキャットフードを与えるようにしましょう。室内飼いにしてネズミや野鳥、土のようなトキソプラズマの感染源を断つのも効果的です。トキソプラズマに感染するのは猫科の動物のみですので、犬やハムスター、鳥などを飼っている場合は特に気にしなくて大丈夫です。また、妊娠中にトキソプラズマに感染したからと言って必ずしも胎児に悪影響を与えるというわけではありませんが、妊娠したからと愛猫をかわいがることを諦める必要はありません。トイレの掃除は控え、手洗いを徹底してなにかあればすぐに医師に相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です