妊娠中は生ものに注意!加熱と消毒をしっかりと

妊娠すると生ものを食べることは控えるように、という注意を医師から受けたという人も少なくありません。これは妊娠中に生ものを食べることで、母体や赤ちゃんに大きな影響を与えてしまうことが理由となっています。その理由とは、ママが食中毒にかかりやすくなってしまうことと、特に魚介類は水銀による赤ちゃんへの影響があるからです。

食中毒は誰でも起こってしまう可能性があるものですが、妊娠中のママは健康な時ならば問題がない食材であっても、免疫力が低下してしまうことで食中毒にかかりやすくなります。加熱調理がされていない刺身や寿司といった魚介類には、腸炎ビブリオ菌やノロウイルスといった細菌が感染していることがあります。万が一、これらの加熱料理されていないものを食べて食中毒になると、ママ自身が栄養を摂取できなくなりますので赤ちゃんの成長に影響が出てしまうことが考えられますし、使える薬が限られてきますので症状の改善までに時間がかかってしまいます。また、魚介類に関しては水銀が蓄積していることがあります。特にマグロなど、お刺身として生で食べる機会も多い大型の魚には、食物連鎖によって水銀が蓄積されている可能性があります。体内に入った水銀は大人になれば身体がきちんと排出することができますが、まだお腹の中にいる赤ちゃんはそれが出来ず、赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性もゼロではありません。これらの理由から妊娠中は生ものを食べないように、という注意を受けるのです。

食べるものは全て加熱料理すれば安心かといえば、実際にはそうではありません。たとえば家族がどうしても刺身を食べたくて自宅で調理をした場合、そのまな板や包丁を消毒せずに使った場合には、その後の食材に食中毒の原因となる細菌が付着する可能性があります。生で食べる野菜やフルーツ、すでに加熱料理してあるものを切るといった場合に細菌が付着する可能性がありますので、きちんと調理器具を洗浄・消毒することが大切になります。
妊娠中に注意したい生ものは魚介類だけではありません。サルモネラ菌による食中毒の可能性がある生卵、モッツァレラチーズなどの加熱していないナチュラルチーズ類、生ハム、生肉にも注意が必要だといわれています。医師によっても「妊娠中の生ものは絶対にダメ」「ストレスをためてしまうくらいなら、少量なら良い」と意見が分かれるところです。自己判断で「このくらいなら大丈夫だろう」と食べてしまうのではなく、主治医の意見も聞き、食べるか食べないかを判断することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です