妊娠時にはリスクもあるので体重増加に注意!

妊娠すると産院の医師などに言われたりして気になってくるのが体重管理です。つわりが酷くて食べることが困難になり、激減してしまうかたも注意が必要ですが、増えすぎてしまうことによっても様々なリスクが発生します。もちろん、お腹に赤ちゃんがいるので誰しも増加することは必至ですが、病院の先生によっては増加上限は何キロまでと制限を指定される場合もあります。妊娠前に標準的な体重だったかたは、増加しても8キロから12キロほどがちょうどいい目安と言われています。

妊娠時に急激に増えすぎてしまうことによって引き起こされるリスクのうちの一つは、妊娠中毒症です。妊娠中毒症は毎回の検診時に症状が出ていないかチェックされています。むくみ、高血圧、尿蛋白の項目のうち、一つでも引っかかる項目があると妊娠中毒症と診断されてしまいます。妊娠中毒症になってしまうと、血流や内臓機能が問題視され、お母さんはもちろん、さらに酷くなってしまうとお腹の赤ちゃんの命の危険性にも関わってきます。体重が増加し過ぎてしまうことで血流の流れが悪くなってしまいます。血液が循環することでお腹の赤ちゃんにも酸素などが送られますが、血流が悪くなってしまうと元来滞りなく流れ送られるはずの血液や酸素が送られなくなり、赤ちゃんが栄養を十分に吸収できなくなってしまったり、臓器の機能を低下させ、赤ちゃんの健康面に支障が出てしまうこともあります。また、赤ちゃんへ栄養が行かないために低体重で生まれてしまうこともありますし、妊娠糖尿病にも注意が必要です。

体重が増えすぎてしまうとお産が大変になってしまう、とよく言われますが、これは赤ちゃんが生まれるときに通る産道と呼ばれる部分に脂肪がついてしまい、それが原因で産道の幅が狭まってしまってなかなか通り抜けることができなくなってしまうためです。陣痛が始まってから経過していく時間に比例して母子ともに体力も消耗していきます。体力がなくなってきてしまうと、出産するために必要な力がなくなってしまいますし、赤ちゃんへの酸素がうまく届かずに赤ちゃんの心拍数が弱まってきてしまうこともあります。そうなってしまうと、吸引分娩や鉗子分娩、緊急帝王切開になる場合もあります。逆に妊婦で痩せすぎているかたの場合は、貧血になりやすくなりますし、出産時に出血が多くなったり、分娩中の体力面での不安も懸念されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です